求人情報を見るときに
注目したいポイントについて

給与の違いを確認

給与に関しての求人情報を見るときには、必ず支給額と手取りの違いを理解しておく必要があります。何故なら、所得税や住民税などの税金や社会保険料が差し引かれることによって、支給額と実際に給与口座に振り込まれる額面は異なってくるからです。当然、支給額よりも手取り額の方が少なくなるため、ここを理解しておかないと、後で後悔することになるかもしれません。

給与の面で言えば、固定給と日給月給制についても触れておく必要があります。固定給は、毎月決まった給与が支給される仕組みとなっています。日給月給制は、毎月の給与額が定まっていません。そのため、欠勤や遅刻、早退などがあった場合にはその分給与額からマイナスされる仕組みとなるのです。

給与の支払いは固定給も日給月給制も月1回ですが、このような違いがあるため気を付けましょう。また、固定給を謳っていながら、皆勤手当などが含まれており、実際には日給月給制に近い制度になっている会社もあるため注意が必要です。

求人情報で給与の項目を見るときには、その額面が支給額なのか手取りなのかをチェックしておくことが重要です。また、月給でも固定給と日給月給制とで給与額が異なる場合がありますので気を付けましょう。